If your commute includes longer stretches on the freeway or hard riding in twisties, expect that figure to be lower. January 23, 2019. Quick, and often, shifting will get the most out of the R3, and that’s perfectly fine. Company Number: LP003328 Registered Office: Academic House, 24-28 Oval Road, London, NW1 7DT. The 2019 Ninja 400 is also quite accessible for riders of all sizes, with just a 5 mm taller seat than the R3. 2019 Yamaha YZF-R3 First Ride Review The best-selling R model gets some major upgrades Both machines share the same engine, chassis and wheels, with the only changes really found in the styling and ergonomics. The best-selling R model gets some major upgrades. The new Yamaha R3 will hit the Indian market sometime in 2019, but when exactly, remains unknown at the moment. What’s more, on top of the upgraded suspension, aerodynamics, styling, gauges and riding position at no extra cost, the R3 is also very well priced alongside its rivals. A vigorous ride can be had on the 2019 YZF-R3, but you have to work for it. With a linear feel at the right hand and absolutely no hint of grabbiness, the single 298mm disc up front is appropriate for all but the most aggressive riders. Let’s take a look at the changes brought to the lightweight supersport motorcycle with the mid-cycle update. That said, the Yamaha is £50 more expensive than the base model Kawasaki Ninja 400 and the KTM RC390. The stiffened springs give good feedback and are still able to soak up any potholes and speed bumps with ease. The rear 220mm disc has a good feel at the pedal and is useful. To help give your R3 a more personal touch, Yamaha have produced a series of accessories to sit in tandem with the bike. Although it’s much too early to talk about the reliability of this machine, owner reviews on MCN’s test of the previous version indicate a solid build quality, with no recorded faults. Reproduction in whole or in part without permission is prohibited. 11. 1. [7] The YZF-R3 was updated for 2019. The same high-revving, fuel injected DOHC motor returns for 2019 with its amenable personality and flat torque curve. While the largest percentage of R3 buyers will use the motorcycle mostly for commuting and local jaunts, referencing the MotoGP machines with the aggressive air intake should appeal to just about anybody buying a supersport-styled motorcycle. 17. New LED headlights and taillights look cool, and we like the M1-influenced top triple clamp. YZF-R3 2019モデルの最大の特徴は、MotoGPマシン・YZR-M1をシンボルとする新しいデザインに生まれ変わったこと。それに伴い、エアロダイナミクスを追求したフロントカウルとスクリーン、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立した新デザインのタンク&タンクカバーが採用され … 16. 15. 2020 Suzuki DR-Z125L. What’s more, despite the piercing low sun on the day of our test, it was also easily readable in any light conditions. By Kent Kunitsugu. Track riders will find the brakes ‘soft,’ but they can upgrade to steel braided lines. In order to achieve this, the Japanese firm have gifted the bike with new gold non-adjustable 37mm upside down KYB forks, which replace the conventional items on the 2015 version. 5. Alongside this, helping you to corner is a revised fuel tank and cover, which now sits 20mm lower and 31.4mm wider above the knees, allowing you to hug the tank more firmly mid-corner for greater control. Alongside the suspension, the 2019 R3 also benefits from new Dunlop Sportmax GPR300 tyres, which replace the previous OE Michelin Pilot Streets. 2019 Yamaha YZF-R3 0-60 mph 5.2 Quarter mile 14.2 Compare. Switching from last year’s bias-ply rubber to Dunlop Sportmax GPR-300 radial tires contributes to a bit more absorption of the everyday road indignities. Adding to the KLX300R and all-new KLX300 dual-sport, Kawasaki has completed its 2021 KLX lineup with an unexpected motorcycle. The 2019 Yamaha YZF-R3 gets inverted KYB forks and a 20 percent firmer spring rate, while the KYB shock has all-new settings. Dual-channel ABS continues to be optional. The YZF-R3 got new triple clamps as a result of the inverted forks, and the clip-ons mount below it. The 2019 Yamaha R3 features a sharper design with new LED headlights, KYB USD front forks and an all-digital instrument cluster. 「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトとして、兄弟車・YZF-R25と同様に日常的な扱いやすさを確保しながらも、320ccエンジンのゆとりあるパワーで爽快な走行が楽しめるヤマハ YZF-R3 ABS。マイナーチェンジとなる2019年モデルは、レースマシンイメージのスタイリングや定評ある走行性能に磨きがかかった。, YZF-R3 2019モデルの最大の特徴は、MotoGPマシン・YZR-M1をシンボルとする新しいデザインに生まれ変わったこと。それに伴い、エアロダイナミクスを追求したフロントカウルとスクリーン、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立した新デザインのタンク&タンクカバーが採用された。さらに、旋回時など良好な接地感に寄与する倒立式フロントサスペンション、快適でスポーティな走りにフィットするライディングポジション、視認性の高いフル液晶メーター、LEDヘッドランプ採用のフロントフェイス、軽快なハンドリングに貢献するラジアルタイヤなどが性能面の熟成を支えている。ボディカラーはディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック3の3色展開。, ヤマハ YZF-R3 ABS(税込車両本体価格675,000円)は、2019年6月10日に発売される。, フロントカウルとスクリーンは空力特性の向上に重点を置き開発。フロントカウルは”クロスレイヤード・ウイング”と呼ぶ立体的な構造で、走行風を後方に逃がすことによる空気抵抗の低減と効果的にエンジンを冷却する機能的なデザインを採用した。スクリーン形状は車体の周りの空気を整流する効果があり、それぞれの優れた空力特性が空気抵抗によるライダーの負担を軽減する。, ハンドル位置を22mm、タンクトップ位置を20mm下げ(従来比)、サーキットの直線で前傾姿勢を取りやすく、旋回時には高いニーグリップ性を発揮。さらにタンクの左右最大幅31.4mm広げており、燃料タンクの容量は従来同様14Lを確保している。, 37mm径インナーチューブの倒立式フロントサスペンションを採用。倒立式のメリットである優れた剛性バランスを活かすために減衰力とバネレートの最適化を図り、旋回や制動時などの良好なフロント接地感を獲得。また減衰力発生機構はカートリッジ式で、伸側・圧側それぞれの最適化が可能。快適性とスポーツ性の良好なバランスを保っている。, ハンドルクラウン下にマウントしたセパレートハンドルは、スポーティなスタイリングでありながら日常の扱いやすさと快適性に配慮。前モデルと同様にシートの高さを低く抑えたことで、無理のないライディングポジションを実現し、ツーリング時のライダーの疲労感を緩和する。, メーターは、新開発の視認性の高いフル液晶のディスプレイを採用。高精細なバーグラフタイプのタコメーターによりアクセルワークを視覚的に楽しむことができる。また、スピードメーターや燃料計だけでなくシフトタイミングインジケーターなどの情報をマルチに表示し、視認性の高さとレーシングイメージを両立する。, 歴代Rシリーズと同様の二眼ヘッドランプにLEDを採用した。フロントフェイスはLED二眼ヘッドランプと新造形をバランスさせて低い位置から睨みつける表情を持たせ、サーキットでの緊張感や走りへの闘志のイメージを喚起。さらに左右ヘッドランプの中央にはYZR-M1のアイデンティティであるセンターダクトを採用し、MotoGPマシンを彷彿とさせる。, 剛性に優れ、転がり抵抗が少ないラジアルタイヤ(フロント110mm幅、リア140mm幅)を採用し、ハンドリングの軽快さと快適な乗り心地に貢献する。, 【YZF-R3 ABS 主要諸元】全長2090 全幅730 全高1140 軸距1380 シート高780(mm) 車重170kg 水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブ 320cc 圧縮比11.2 内径68.0×行程44.1mm 最高出力42ps/10750rpm 最大トルク3.0kgf-m/9000rpm タンク容量14L 6速リターン キャスター25°00´/トレール95mm ブレーキF/R=ディスク タイヤF=110/70R17 R=140/70R17, 研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑), 【軽快コンパクト仕様が新機軸の快適性を獲得】カブト カムイ-IIIの試用インプレッション, 令和に買いたい!【外国車 ヘリテイジスポーツ スクランブラー、ボンネビルほか】2019ニューモデル大集合.